血糖値を下げるインスリンを分泌しているβ細胞

ヘルニアというものは正しくは「椎間板ヘルニア」と呼ばれており、背骨の間に存在してクッションのような役目を持っている椎間板(ついかんばん)という名のやわらかい線維軟骨が飛び出してしまった状態の事を指します。

AIDSとはHIV、つまりヒト免疫不全ウイルスの感染によって生じるウイルス感染症であり、免疫不全となって健康体では感染しにくい日和見感染や癌等を発症する症候群そのものを指し示します。

急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)は、最も代表的な中耳炎で小さな子供に多く発症します。強い耳痛や38度以上の熱、ひどい鼓膜の炎症、耳漏(耳垂れ)などの多様な症状が出現するのです。

内臓に脂肪が多いことによる肥満と診断され、油脂の過剰摂取などによる「脂質過多(ししつかた)」、塩分の摂取などによる「高血圧」、糖分の摂りすぎなどによる「高血糖」の中で2~3項目相当する状態のことを、メタボリック症候群と称しているのです。

トコトリエノールの機能の中では酸化を防ぐ効果がおそらく一番有名だと思いますが、この他に肌をきれいに保つ効果や、血清コレステロールの産出を抑えたりすることが知られています。

基礎代謝量(kcal)とは就寝中ではない覚醒状態で命を保っていく(心臓の鼓動、口や鼻からの呼吸、腎機能、体温や筋肉の緊張の維持等)ために必要となる基礎的なエネルギー消費量のことを言うのです。

普通では骨折しない程度の弱い圧力でも、骨の同一のエリアに繰り返して切れ目なく力が加わることで、骨折に至る事もあり得るようです。

毎日の規則正しい暮らしの継続、暴飲暴食を控えること、正しい運動等、一見古典的ともいえる健康に対する取り組みが皮ふの老化防止にも役立つのです。

「沈黙の臓器」とも言われる肝臓に脂肪や食物由来コレステロールが蓄積した脂肪肝(しぼうかん、fatty liver)は、動脈硬化や脳梗塞というような色んな健康障害を招くかもしれません。

栄養バランスの取れた食生活や運動は当然のことですが、肉体や精神の健康や美のために、栄養を補うために複数のサプリメントを飲用する事が普通になっているのです。

亜鉛は、デオキシリボ核酸(DNA、Deoxyribo Nucleic Acid)やタンパク質の合成に作用する色々な酵素や、細胞・組織の代謝機能に欠かせない酵素など、約200種類以上もの酵素を構築する成分としてなくてはならないミネラル分です。

冠動脈の異常である狭心症の外科的な治療法としては大体「大動脈バルーンパンピング(IABP)」と「大動脈冠動脈(だいどうみゃくかんどうみゃく)バイパス移植術」の2つの技術が高い確率で活用されています。

ブラッシングで、入居者が動物をとても可愛いと感じる時にオキトキシンが多く分泌された結果、ストレスを緩和したり心の癒しなどに繋がっていくのです。

杉の花粉が飛ぶ頃に、小児が体温はいつも通りなのに頻繁にクシャミをしたり水のような鼻みずが出続ける状態だったなら、もしかすると『スギ花粉症』の恐れがあります。

体脂肪量にはさして変動がなく、体重だけが食事や排尿などにより一時的に増減するような場合、体重が増えた方は体脂肪率(body fat percentage)は低くなり、体重が減った人は体脂肪率が上がることがわかっています。

鍼灸の鍼を刺してもらう、という物体的な無数の刺激は、神経細胞を目覚めさせ、神経インパルスと称されるいわば電気信号の化学伝達を誘発するという見方が浸透しています。

悪性腫瘍である女性の卵巣がんは、本来、人の体をガンから保護する役割を果たす物質を生み出すための金型ともいえる遺伝子の異常が原因で発症する病気だということが分かっています。

クシャミに鼻みず、鼻詰まりに目の掻痒感・異物が入っているような感じなどの花粉症の不快な諸症状は、アレルギーの原因となる花粉の飛び散っている量に比例するように悪化の一途を辿ってしまうという傾向があるそうです。

明るくない所だと光不足によってものが見えにくくなりますが、より瞳孔が開くので、目のピントを合わせるのに多くの力が使用されてしまい、光の入る場所で物を眺めるより疲れるのが早くなります。

急に発症する急性腸炎(acute enteritis)は、大半が腹痛・悪心・嘔吐・下痢に見舞われる位で済みますが、細菌感染による腸炎の場合は強烈な腹痛・長引く吐き気・繰り返す嘔吐・水下痢に加えて高熱も出るのが見分けるポイントだといえます。

ブラッシングで、高齢者が犬のことを可愛らしいと感じた時に「愛情のホルモン」ともいわれるオキトキシンが多く分泌され、結果としてストレスを和らげたりヒーリングに繋がります。

バイキンやウィルスなどの病気を生む微生物、即ち病原体が呼吸とともに肺に入り込んで感染した結果、肺の内部が炎症反応を見せている有様を「肺炎」と総称しているのです。

チェルノブイリ原子力発電所の事故の数十年に及ぶ追跡調査のデータから、成人に比べて体の小さな子供のほうが飛んできた放射能の深刻なダメージをよく受けることを痛感します。

栄養バランスの取れた食事を1日3回とることや運動は勿論、身体の健康やビューティーのために、欲しい栄養を補うために色々なサプリを飲用する事が珍しくなくなっているそうです。

塩分と脂肪の大量摂取をやめた上で無理しない程度の運動を心がけ、ストレスの多すぎない暮らしを意識することが狭心症の誘因となる動脈硬化を予め防ぐ方法なのです。

呼吸器感染症の季節性インフルエンザを予防するワクチンでは、これまでの膨大な研究の成果により、予防接種の効果が望めるのはワクチンを注射した約14日後からおよそ5カ月間ほどだろうと言われているようです。

脂肪過多に陥っている肥満は勿論あくまで摂取する食物の内容や運動不足などが誘因ですが、一緒の量の食事であっても、かきこむように食べ終わる早食いを日常化することで体重過多に陥っている肥満(obesity)の状態を招く可能性が高まります。

現在の手術室には、トイレや器械室、手術準備室(operating preparation room)を備え、手術中に患者をレントゲン撮影できるX線装置を付けるか、付近にレントゲン撮影のための専門室を用意しておくのが常識である。

下腹部の疝痛が主訴となる主な疾患には、大腸に憩室が多発する大腸憩室症、石ができる尿路結石症、難病指定されている潰瘍性大腸炎、夜間でもすぐ救急にかかった方が良い急性腹膜炎、子宮の病気等がみられるようです。

1型糖尿病という病気は、膵臓(すいぞう)に存在する血糖値を下げるインスリンを分泌しているβ細胞が損傷を受けてしまうことが原因となり、あの膵臓から微々たる量のインスリンしか出なくなることで発病する糖尿病なのです。

あわせて読むとおすすめなサイト⇒ベジセーフの危険性に聞いてみよう